So-net無料ブログ作成

偶然と必然 [日々のこと]

P4260297.jpg

大学時代の友人が先年夭逝した。彼の両親は仙台に住んでおり、彼の墓も仙台にある。

今回の地震後に東京に住む彼の姉さんに連絡をとってみると、
ご両親は無事だが、お寺は津波の影響を受けた場所にあり、
近くに住む親戚は避難していて、どうなっているか確認できなくとても心配。
また地震後の仕事で当面帰ることもできない状況、とのことだった。

今週、地震で中断していた昨年度の仕事の最後の打ち合わせに仙台に向かった。
仕事先の事務所は仙台港近くにあり、建物の1階が津波に飲み込まれた。
道路では瓦礫が取り除かれていたものの、周辺一帯はまだ手付かずのままだった。
打ち合わせ後、仙台港から名取川方面へ状況確認に出かけた。
誰もがそうであるように、この状況を語る言葉はどうにも想いつかない。

夕闇が迫り、帰路についたまさにそのとき、
目の前に記憶のある情景が飛び込んできた。
友人が眠るお寺さんだ。 何たる偶然だろう。
お寺さんは津波を直接かぶってはいなかったのだ。
墓地では多数の墓石が倒れていたりしているが
友人の墓は墓石が回転はしているものの、倒れてはいない。
墓誌は倒れていたが割れてはいない。
元に戻そうと動かそうとしてみたが、重すぎてどうにもならなかった。
墓誌に刻まれた友人の名前をみていたら涙がこみ上げてきた。

見舞いに来たぞー
おー、待ってたぜ!
大変だったな
大変だったよ またきてくれよな
あー来るともさ

さっそく彼の姉さんにお墓は無事との連絡を入れた。
安心の報せに涙が溢れたこと、ご両親もとても喜んでいたとのメールが届いた。

彼の命日はその日のちょうど1週間前だった。 彼が呼び寄せたんだ。
偶然とは必然なんだとますます確信するのである。


写真は津波をかぶった仙台港の岸壁で、背中に乗って飛び跳ねて遊んでいたウミネコ。
殺伐とした環境の中で心が緩んだ一瞬だった。

nice!(63)  コメント(17) 

背中は語る [表情・顔・生活 Dairy Life]

P4179574.jpg

久々にカメラを取り出して出かけた

道は傾き、曲がっているとしても、精一杯やることが生きていること
背中にはたくさんの人生の出来事が刻まれていると実感するのである

nice!(66)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

鎮魂 [視点 Viewpoint]

東日本大震災にて被災された方々、お見舞い申し上げます。

この1ヶ月、いろいろなことがあった。好きな写真もほとんど撮っていない。
まずは鎮魂の祈りを捧げたい。


前回の記事で紹介したタイとカンボジアの紛争はアセアンの仲介でとりあえず停戦となった。
ほっと一息であるが問題解決には長い道のりが必要なようだ。
2006年末、彼の地での仕事の完了に際して、戦争の犠牲者を鎮魂する記念碑を建立した。
そして再び紛争の地と化してしまったことへの悔しさがこみ上げてくる。


2月末、昨年6月から続いていた東北地方での仕事が完了となった。
何かと手間のかかる場面がたくさんあったが、最後はすっきりを終えることができてほっとしていた。
最後の打ち合わせは当初、震災の日3月11日に予定されていた。
ところが別の用事があって3月14日に延期させてもらった。
もしも別の用事がなければ、地震が起きたとき、建物の1階が津波に飲み込まれた
仙台港の近くの建物の中にて打ち合わせの真っ最中の筈だった。
仕事でお世話になっている方は大変な想いをされ、今でも不自由な状況だそうだ。
この状況で打合せはまだできそうにない。


福島原発も無残な状況になっている。
かつて福島第一原発の中で仕事をしていた。
想い入れのある場所でありとても複雑な思いだ。
かつての同僚は当日敷地内で仕事をしていたそうで、
津波の襲来に原発建屋裏の斜面を駆け上り難をのがれたそうだ。
安全の知らせを聞き、ほっとしているが、
これから大きな展開が来るようで心の準備をしているという。


福島県いわき市出身の大学の友人は早速地元への炊き出しを実施し活躍している。
声援を送り続けている。


津波にしても原発にしても想定外の状況だ、と皆いう。
言い訳の言葉としてあまりにも軽々しいけれども、
人間の叡智をもってしても解決できない自然の力はあまりにも大きい。
そんなことはとっくの昔に知っていたはずなのに
想定された状況の中で長年仕事をしてきたのは事実であって
たくさんの被災者の状況を考えれば、ただただ悔しさがこみ上げてくる。


さらに3月末に大学時代の恩師が亡くなられた。
社会人としての生き方に大きな影響を与えてくださった大切な方だった。
ご冥福を祈りたい。



悲しい知らせばかりではない3月であった。


3月末、これも昨年の6月から続いていた沖縄県での仕事が完了となった。
何度となく足を運び、沖縄の方々の素晴らしさを実感するとともに
戦争でなくなられた方々への想いを強く抱いた。
年末に慰霊の場所を訪ねたことはブログにも書いた。
そのうちのひとつ、ひめゆり平和祈念資料館では訪問の感想文を書く一角があり鎮魂の想いを綴った。
3月初旬にひめゆり平和祈念資料館から一通の葉書を受け取った。
毎年発行している感想文集に私のものを掲載してもよいかという問い合わせであった。
文集に相応しいように書き直しをさせていただくことで快諾した。
資料館のウェブサイト(http://www.himeyuri.or.jp/publish.html)によれば
200点ほどの感想文をとりまとめて6月に発行しているようである。
鎮魂の想いが少しでも伝わればと願っている。


そして3月、息子は20歳となり、娘は高校を卒業した。おめでとう。
独り立ちのとき。明日に向かってどんどんと突き進んでもらいたい。




戦争が終わって66年、戦後以降最大規模の犠牲者が出てしまった東日本大震災。
今も続く世界中の紛争。
過去の戦争の犠牲者の悼み。

鎮魂すること、この想いをしっかりと胸に抱き続けることから
新しい国作りを始めるのだと心に誓う。
nice!(42)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感