So-net無料ブログ作成

魂魄 [視点 Viewpoint]

PC239123.jpg

小高い丘の上から見下ろすと、遠くに向う船の航跡が輝いていた



PC259300.jpg

少し離れた場所にいってみると断崖に打ち寄せる静かな波が絶景を織り成していた

あまりにも静かで穏やかな海
隣にいた地元のおじちゃんに話しかけてみる

この近くで父親と姉が死んだ、正確な場所はわからないさ


今年の9月、ブログ記事 『魂のささやき』(クリックで記事に移動) を書いた
それ以来、仕事で沖縄には何度か足を運ぶも
毎回日帰り打ち合わせと時間の余裕はまったくなかった

ちょうど年末の祝日を挟んで打ち合わせが入り、仕事を挟んで2日間
沖縄をゆっくり旅してきた

激しい地上戦が繰り広げられた1945年
24万人もの死者が出た

糸満市
米軍が上陸した海岸
海は米艦船が埋め尽くし
岸辺一面は血の海に染まっていたという

おじちゃんがぽつりと言う

今は海の見えるところはたくさん家もあるけど
ここは周りになにもないからいいんだ
ここで波の音を聴くのが好きなんだ






たくさんの慰霊碑を訪ねてきた

PC259273.jpg

魂魄(こんぱく)、 この二文字が脳裏から離れなかった
後ろ髪を引かれる想いが強く残った
また来よう

涙の止まらない2日間であった


1枚目: 摩文仁(まぶに)の丘
2枚目: 喜屋武(きゃん)岬
3枚目: 魂魄の塔
(写真はクリックで拡大、解説はそれぞれ青字をクリック)
nice!(84)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

心の視点 [朝・夕・空 Twilight and Sky]

PB218999.jpg
(クリックで拡大)

たまには蜘蛛の糸のハンモッグに乗って空の中を浮遊するぐらいの気持ちでいたいものだ


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

いつもたくさんの訪問を頂きありがとう
ブログ訪問引き続きサボっています
あしからす
nice!(67)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

幻想的な現実 [視点 Viewpoint]

PB218918.jpg

最近、『リアルな・・・』と、いう表現をよく耳にするが、とても耳障りである

元を質せば『バーチャルリアリティ』から派生して、
バーチャルな世界とリアルの世界という対語で表現されたのであろうが、
リアルという言葉だけが独立して使われているから耳障りなのである

Wikipediaによれば、
  『バーチャルリアリティとは、実際の形はしていないか、形は異なるかも知れないが、
  機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの感覚を刺激することにより
  理工学的に作り出す技術およびその体系。
  日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。』
とある

生きているということ、当たり前に考えれば、
それは現実の世界の現実の実態であって、
どこにも虚像などありはしない

なのになぜ、リアル世界では、などという表現を安易に使うのであろうか

IT機器が発達し、24時間どこにいてもパソコンや携帯機器で瞬時に情報が
伝わる世界は確かに便利なのかもしれないが、
情報をちらっと見ただけでそれを実体験したような錯覚を呼び起こさせてしまうという
きわめて脆弱な世界だけが広がっていることに恐ろしさを実感するのである

だからこそ現実に存在するものの素晴らしさをたくさん実感したいのである

前回紹介した月光の雲海をみた後、夜が明ければ
そこにはさらに幻想的な美しさの現実の世界が広がっていたのである

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
仕事で先週は大阪、福岡、今週は沖縄、宮城は石巻から仙台と飛び回っていて
日々の仕事の整理が進まず、さすがに何がなんだかわからなくなってきた
少し落ち着いたら、また皆さんのブログをゆっくりと訪問しよう
nice!(61)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感