So-net無料ブログ作成
検索選択

出会い 北海道 番外編 [ブログのご縁]

前々回の記事 『出会い 北海道』 の番外編

木工家kuniさんには二つのブログがある
前回紹介したのが

『木工家、国本貴文のオフィシャルショップ&ブログ』

もうひとつは

『木工家国本貴文の記事図書館』

この5月23日の記事『ブログのチカラ(COLEさんがやって来た!?)』
私がkuniさんを訪問した話を書いてくださった

kuniさん お世話になりました とても満足しています
ありがとうございました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さんのブログへの訪問滞りがちです スミマセン

昨年秋ごろから何故だか訪問くださる方が急増しました
本当にありがたいことです  心より感謝いたします

もともと仕事の合間のオフタイムでブログをやっているので
読んだり書いたりするのは週末だけで
その結果、じっくり訪問することができない状況です
今後とも気長にお付き合いください



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記 2010年9月11日

kuniさんのブログは以下に移転しています
木工家国本貴文 「新、製作の日々」ー素材を生かす物語

nice!(44)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

時空の超越 going beyond time and space [自然 Nature]

P5166420.jpg
(クリックで大きくなります)

札幌駅から南へ約50kmのところに支笏湖がある

朝3時半、餌付けされているのか、キタキツネが馴れ馴れしくひょっこりと顔を出し餌をねだっている

朝4時、薄暗くなった朝靄のなかでウグイスがあちらこちらで囀(さえず)っている



人工的な音は何もない

時空を超越して大自然とひとつになっていった
nice!(45)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

出会い 北海道 [ブログのご縁]

今日は写真はなし  
北海道について語る

先週末北海道に出向いた
そしてso-netのおなじみの面々と初対面ながらとても楽しいときを過ごしてきた

まず訪問したのはkuniさん

『木工家、国本貴文のオフィシャルショップ&ブログ』

kuniさんの作品をブログで知ってから、いつか手にしてみたいと思い
とうとう札幌まで出向いてしまった
初対面ながら、仕事のことや作品のこと写真のことなど2時間にもわたり話を楽しんだ
今回出向いた経緯については追々kuniさんのブログで紹介の予定があるそうだ

kuniさん ありがとう



そしてkuniさんのお弟子さんの水姫さん
黙々と鉋の刃研いでいましたね
いい作品が仕上がりますように
コーヒーおいしかったです

水姫さん ありがとう



kuniさんのファンはたくさんいるが、札幌在住のchibirohさんもその一人

『ソライロノホンダナ』

北海道の大自然の中で子育てをされていて、ブログはいつもとても楽しい
特にエゾリスやシマリスとの対話が秀逸
chibirohさんご一家とkuniさんの工房で合流し、chibirohさんご持参のケーキで
ティーパーティの後、付近の山の散策に出向いた
その様子はブログ記事Wonderful Saturdayに紹介されている
わが子の15年前を思い出し、15歳若返ってたくさん笑って遊んでいたら
あっという間に1時間半も過ぎてしまった
帰りはご主人運転の車に乗せていただき、札幌駅まで送っていただいた

chibirohさんご一家 ありがとう



そして次にお会いしたのが札幌の街並みを撮られているJUNKOさん

『ファインダーの中の私景空間』

JUNKOさんのブログを訪問してから、もう2年以上立つような気がする
毎日の札幌の街並みと道行く人の姿の写真を撮られ続けている
このブログを見ていると札幌の、あるいは日本の四季の移ろいを深く実感する
毎回折々の話題に触れたショートコメントが綴られており、読むのも楽しい
とてもお気に入りのブログである

写真の話は尽きず、あっという間に2時間も経ってしまった
折りしも第57回写真道展公募展が開かれていたのだが
JUNKOさんの作品は翌週の審査会員・会友作品展での展示で
拝見することができずに残念であった
またの機会が楽しみである

写真に対するたくさんの想いをお聞かせくださり、
新しい写真作品のヒントをたくさん頂いた

JUNKOさん ありがとう




さて実はさらにお二人のso-netのおなじみの方にお会いしたのである
正確に言うとお二人の方の作品である

陶人形を作られているchakoさん
突然引用してスミマセン

『心の空き地は どこ ?』

chakoさんのブログにはいつも不思議なパワーがあふれていて
毎回更新を楽しみにしている
chakoさんがkuniさんの作品を気に入られている話はchakoさんのブログで
何度かお見かけしていた
kuniさんの工房の机の上、kuniさんお手製の美しいカットの木の台座に陶人形がちょこっと置かれており
さらにkuniさんのセンスあふれるトレイの上にその台座がおかれているのである
見た瞬間に、あっ、chakoさんの陶人形、とわかり、初めて見たにもかかわらず
とても懐かしい気持ちを呼び起こさせてくれたのであった

素晴らしい作品を見させていただきました
chakoさん ありがとう



さらに驚くべきことに、これもブログでおなじみ園ヒグラシさんのトンボ玉が
陶人形とともにトレイの上に置かれていたのである
突然引用してスミマセン

『【新装開店】とんぼ玉作り迷人の 開 頭 日 記!』

園ヒグラシさんのトンボ玉は職人芸の究極をいく作品ばかりで
ブログを毎回楽しみに見ている
もうひとつ、園ヒグラシさんは私も聞いていた1970年代のNHK-FM番組をこよなく楽しまれていたそうで
その点において(のみ)勝手に師匠とお呼び申し上げている
トンボ玉は思っていた以上に大きく、改めて精緻な細工にとことん惚れ込んでしまった

ということでトンボ玉感動しました
園ヒグラシさん ありがとう


北海道でのkuniさん、水姫さん、chibirohさんご一家、JUNKOさんとの素晴らしい出会いがあり
そして九州は熊本御在中のchakoさんと園ヒグラシさんの素晴らしい作品に北海道でご対面となった
chakoさん、園ヒグラシさん、今度は熊本訪問も実現してみたいです

皆さんと初対面にもかかわらず、なんてこんなに近く感じるのであろうか

素晴らしき出会いに心から感謝!

私の視点はさらに広がる予感がしたのである


皆さんのブログへの訪問も滞っていていましたが、ぼちぼち再開します
nice!(86)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感