So-net無料ブログ作成

ヒロイン Heroine [表情・顔・生活 Dairy Life]

P9196170.jpg

2歳くらいのヒロインは花の中

楽しい笑い声が絶えない
「お騒がせて」 と挨拶されたので
思わずカミさんと顔を見合わせて
「15年ぐらい前には、ウチも同じことをやっていたんですよ!」
って笑って応えた

埼玉県日高市巾着田
nice!(29)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

タイの笑顔 Smile in Thailand [表情・顔・生活 Dairy Life]

PB020145.jpg

久々に連日の更新をやってみた
先日の日本の笑顔にたくさんの皆さんからたくさんのコメントとナイスを頂き大変に嬉しかった

我が娘が言うに、
「Googleの画像検索で『世界 子供 笑顔』といれるとお父さんの写真がいくつもでてくるよ」
このブログに掲載した私の写真が確かに出てくる  これは驚きだ

自分のテーマはやはり笑顔なのだと再確信した
笑顔は人を和ませ、エネルギーを沸き立たせる

たくさん溜まっている笑顔の写真がほったらかしになったままである
このままいけば今年もColeのプロジェクト2008をやらずじまいになりそうだ
再度気合を入れなおそう

2005年11月
微笑みの国タイ スリサケット県にて
建設現場にいたお兄ちゃん、お姉さん、おじちゃん
みんな最高の笑顔であった
あれから4年 みんな元気にしているだろうか
タグ:タイ 笑顔
nice!(33)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の気配 Sign of Autumn [自然 Nature]

P9221328.jpg

夕焼けに映える雲がこれまでよりもずっと高いところにある
東京にも秋の気配が漂い始めたようだ
タグ: 東京 紅葉
nice!(30)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

心地よし Cozy Place [花 Flowers]

P9201178.jpg

こともあろうに昨日の未明より体調がおかしくなった。下痢があり、熱が37度、38度と上昇してきた。
もしやインフルエンザでは?

幸いにして38度は超えず、37度との間を行き来している。下痢も1回で止まった。
明け方には平熱に戻った。いまだ偏頭痛は続いているがインフルエンザではないであろう。
ホッとしたのである。先ほどシャワーを浴びてすっきりした。
普段熱など出ない私にしてみれば、なんとも心地悪い1日であった。

今まさに曼珠沙華のときである。先日いった青梅の釜の淵公園で曼珠沙華をみていると
カマキリが近くを歩いている。 遊び心で捕まえて曼珠沙華の花に乗せてやると、
これがどうも心地よいのか、そのうち宙ぶらりんになったり、腕をペロペロなめてみたり、
花から花へ飛んでみたりと、すっかりリラックスして遊んでいるのである。
こちらはやぶ蚊の攻撃でそうそうに退散したのである。

心地よいのが一番いい。
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の笑顔 Smile in Japan [表情・顔・生活 Dairy Life]

P9201128.jpg

P9201245.jpg

久々の笑顔シリーズ。
たくさんの笑顔に出会った。

今日は東京は『レトロの町』として名高い青梅市にカミさんと出向いた。
ここは私たち以上の世代なら間違いなく面白い。
まずは町興しのきっかけとなった多くのレトロ映画看板が私たちを迎えてくれる。
赤塚不二夫会館昭和レトロ商品博物館にいたっては秀逸だ。

昭和レトロ商品博物館の受付をやっているおじちゃん。
ボランティアといっていたが、その場所がすっかりとはまっている。
すっかり話し込んでしまった。

帰りに釜の淵公園を探索。
夕日が沈む釜の淵公園の柳淵(りゅうえん)橋。
「いい写真撮れた?」と気さくに声をかけてくれたおじちゃん。
聞けば地元の方で、「いいところだからまたおいでよ」と。

昭和幻燈館のおばちゃんも気さくで、しかも素朴で楽しい方。
映画看板の由来を教えてくれた。

みなさんありがとう。
じっくりと付き合いたい町、青梅であった。
nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

手 Hand [まちなみ探訪 Town Watching]

P9066119.jpg

職人の技が光る

美味しくボリュームたっぷりの焼き鳥であった
nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

21年 Twenty One Years [視点 Viewpoint]

P9016028.jpg

21年前に学生時代の友人が30歳を前に急性心不全で亡くなった。当時、ご両親からの連絡がなく、
あとから訃報に接し、とても心が痛んだ。学生時代の仲間はそれぞれに一番忙しい時期で、
家庭を持ち始め、いろいろなところに住んでいて、なかなか会うチャンスもなかった。
以降、21年間にわたり友人の供養ができていないことがいつも気になっていた。

2ヶ月ほど前に久々に仲間で集まろうということになり、その席で、その友人のお墓参りに行こうと
いうことで満場一致となった。だれもが21年間なにもしてこなかったことを気にかけていたのである。

友人の家には何度か泊まりに行ったことがあり、ご両親には面識があったので、さっそく電話を
かけてみたところ、ご両親とも御達者で、墓参りのことを心から喜んでくださった。

昨日、通常行われる何回忌という法要ではないが、命日に併せて特別に法要を営んでくださった。
大学OB一同と書かれた卒塔婆まで用意してくださった。駆けつけた仲間たち、参加できなかったけれど
お花代を出した仲間たち、ひとりひとりの名前を法僧さんが法要の中で紹介してくださった。 
仲間も21年間のことをごめんねといいつつ、焼香した。

法要後、学生時代の思い出話をご両親にたくさん紹介し、笑い声が絶えないほど楽しく語らいながら
昼食を頂いた。ご両親の目からあふれるものに、仲間も本当に集まってよかったと思った。
ご両親にはますます御達者でいて欲しいと願うばかりである。また来年、命日には墓参りにこよう。
21年間本当にごめんな。

写真は話とは関係ない。
山梨県ほったらかし温泉の早朝。雲海の中に幻想的な太陽の輝きをみた。まだ開かないススキの穂が
ゆらいでいた。

nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感