So-net無料ブログ作成
検索選択

丸い朝 Spherical Morning [自然 Nature]

P4196068.jpg

朝がなんといってもいい

静かであり、
空気も澄んでいて、軽く、冷たい
これから何かが始まる期待感がある







もうひとつ朝は丸いということがわかった







P4196074.jpg

丸い朝露

そしてナナホシテントウ虫
頭の上にも丸い水滴を載せていた

人も角ばったりやとげとげしくなく
丸いのがなんといってもいいのである


千葉県

nice!(66)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

息子 Anak [視点 Viewpoint]

P9242409-s.jpg
フィリピン メトロマニラ パッシグ川


今日は嗜好を変えて 我が青春時代を振り返る。

前回の記事でフィリピンの歌手Aiza Seguerraを紹介した。たくさんのコメントを頂きありがとうございました。
JunsbarさんがコメントされたFreddy Aguilar (フレディ アギラ)のことを改めて思い出した。

Freddyはフィリピンのポップス界において大御所であり、国民の誇りであり、心の拠り所となる大物歌手である。
全く無名であった彼は1978年にANAKという曲で一躍有名になった。マニラ音楽祭でこの曲を発表して、
わずか2週間で爆発的なヒット曲となったのである。息子を育てていく親の気持ちを綴った歌で、
フィリピンでの大ヒットをきっかけに世界中の歌手が歌い始め、12ヶ国語、54カバーが売られるにいたった。

この曲が日本で流行ったのは同じく1978年、杉田二郎や加藤登紀子が大ヒットさせた。私が高校を
卒業する頃のことだ。当時初めて聞くタガログ語(フィリピンの言葉)の響き、哀愁を帯びたメロディに
釘付けになった。

その後、20数年を経てフィリピンの生活を経験した私にとっては、この曲の意味することが
おぼろげながら見える。それは前回紹介したAiza SeguerraのWhy did you know? にも
相通じるもので、言葉で説明するのはちょっと難しいけれど、フィリピンの人たちの生活の
一端に触れたなかでこれらの曲を聴くと、胸が熱くなる思いがこみ上げてくる。

ANAK それは大きな因縁を感じる曲なのである。
当時を振り返り、またフィリピンの友人たちのことを思い出しつつ、聞いてみよう。







nice!(44)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

家族 Family [表情・顔・生活 Dairy Life]

P4053477.jpg

先週花見に行った公園で、楽しそうに散歩している家族に出会った
すでに大きく育った我家の子供たちのかつての姿に重なった


かつて生活していたフィリピン
そのポップスが好きなことはこれまでも何度か書いた
ギターの弾き語りで有名なAiza Seguerra(アイザ セグェラ)という
シンガーソングライターがいる
今年の1月に紹介した歌唱力で歌い上げるLani Misaluchaとは違って
メルヘンチックな歌が得意だ

彼女の歌とこの家族の情景が重なったのである
でもこんな甘たるい歌詞の曲はいまどきの日本では流行らないだろう

Aiza Seguerra     How did you know?

詩心はないので直訳

How did you know?
どうして知っていたの?

I remember so well
The day that you came into my life
You asked for my name
You had the most beautiful smile
よく覚えているわ
あなたが私の生活の中に現れたその日を
私の名前を聞いてくれた
なんともいえないぐらいすばらしい微笑をしながら

My life started to change
I'd wake up each day feeling alright
With you right by my side
Makes me feel things will work out just fine
その日から私の毎日は変わり始めた
毎朝最高の気持ちで目覚め
あなたは私のそばにいて
何もかもが素晴らしいんだって気持ちにさせてくれる

How did you know?
I needed someone like you in my life
That there's an empty space in my heart
You came at the right time in my life
どうして知っていたの?
私の心が隙間だらけだったとき
私があなたのような人がいて欲しいって思い続けていたら
あなたが本当にやってきた

I'll never forget
How you brought the sun to shine in my life
And took all the worries and fears that I had
私は決して忘れない
私の毎日の生活の中に太陽の輝きをもたらしてくれて
悩みや怖いことを取り去ってくれたことを

I guess what I'm really trying to say
It's not everyday that someone like you comes my way
No words can express how much I love you
私が本当に言いたいことは
あなたのような人が私の前に現れないかなあって
思い続けていた過去の毎日ではなくて
本当に心から愛していますっていえるあなたが
本当にいるってことなんだってことなんだね

nice!(48)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

苦手 a weak point [COLEとは]

P4055959.jpg


誰にも苦手意識があろう
私にとっては2つあった

ひとつは泳ぐこと
これは子供のときにプールでとても強い流行性結膜炎に罹り、
それ以来、水の中に顔を入れる行為に対するトラウマのようなものが
出来上がってしまい、ついぞ泳ぎを覚えずに過ごしてしまった
しかし40年後、タイに単身赴任していた際に、アパートにプールがあり
仕事が終わっての時間や休日を使って練習をして
とうとうそのトラウマから脱出したのである
何のことはない
今は泳ぐ時にゴーグルをすることが当たり前になっていて
その昔も今のようなゴーグルがあればどおってことは
なかったのだろうと思うのである

もうひとつは未だに解決できない
絵を描くこと
まったくといってよいほど、絵を描くのが駄目なのである
私のブログを訪問くださる方にも絵を描かれている方が
多くいらっしゃるが、いつも感心し、尊敬しているのです

桜が満開となった今日、私も桜を見に出かけた
しかし桜を見る前に、公園の芝生にベンチを出して、
桜の絵を描いている方がとてもすばらしく見えたのである

苦手意識など食わず嫌いのようなものかもしれない
写真もいいが、もっと個性のあふれ出る絵を
なんとしても描いてみたいと思う今日この頃である

東京都府中市野川公園にて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨年の桜の記事
桜は丸い
自分の考え方を振り返るのも楽しいものです

nice!(49)  コメント(31) 
共通テーマ:日記・雑感