So-net無料ブログ作成

霜 Frost [自然 Nature]

PC273746.jpg

今年は年末年始が長い
久々にゆっくりできる
今日は朝から家の大掃除をした
結構汚れているものだ
やってもやってもきりがない

さて昨日、東京はこの冬一番の冷え込み
日の出前に出かけた多摩川の堤防沿いは
一面に霜が降りていた
ほんの小さな霜だけれども
透きとおる世界がどこまでも広がっていた

日が昇ればすぐに溶ける
でも霜は精一杯その美しさを示していた

PC273700.jpg

休みの日には、最近写真にはまっているカミさんと
日の出前から出かけるのが習慣になりつつある
nice!(15)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

そば Buckwheat Noodle [めしつくり Cooking]

PC273907.jpg

八割そばをゆでた

海老は2尾、サツマイモとレンコンの天ぷらを揚げる
これも最高のできあがりだ

美味いひと時
息子とカミさんに好評であった

寒い冬には体が暖まるそばはいいものだ

nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

調子はどうか? How are you today? [生き物 Creatures]

PC213266.jpg

先日の写真を撮った多摩川、朝は犬の散歩で大層賑わっている。
首輪をはずしてもらって、散歩に来た他の犬たちと思い切りじゃれあっている。
そうだよな。楽しいはずさ。




それに引き換え、この猫は顔を斜に構えて、何が言いたいのかとばかりに眼を飛ばしてる。
かなり機嫌が悪そうだ。
そうだよな。 その目つき、どうもどこかで見かけたような記憶がある。

PC213294.jpg
nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ラジオ体操 Radio Exercise [表情・顔・生活 Dairy Life]

PC213234.jpg

PC213277.jpg

日の出前に家を出て、また日の出の多摩川に向かった
今日は比較的穏やかな朝で、ちょっと着込んでいたら汗ばむぐらいだ

昇る太陽に向かってラジオ体操をしているご夫妻に出会った
力の湧き上がる朝を実感したのである
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

最後尾 The very end of a line [まちなみ探訪 Town Watching]

PC203177-s.jpg

クリスマス直前、町には赤い服を着て呼び込みをする人がたくさんいる

「本日開催   やりたい事を全部やる日   最後尾」

世の中の不景気風なんか、どこかに行ってしまえ

「最後尾」はなく「最高日」といきたいものだ

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車 Bicycle [まちなみ探訪 Town Watching]

PB232837_sp.jpg

今年の5月から来春までのつもりでブログを休止した。

新しい発想の充電期間になるだろうとも考えていたものの
行動しないことには始まらない。

ちょこっとだけ始めてしまったら、
それはそれでまた面白くなってきてしまった。

早朝の多摩川を駆け抜けるサイクリストたち。
写真を横に向けたら、影が映えた。

10代の頃から25歳の頃まで、
毎日のように自転車に乗っていた。
どこに行くにも自転車だった。
このコースも何度も走っていた。
ふと過去に引き戻されたのである。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

取り分ける Share [表情・顔・生活 Dairy Life]

PB152564-s.jpg

PB152547-s.jpg

PB152557-s.jpg

先日、北欧の方と夕食をともにした。

たくさんのものをとり、それぞれ小皿に取り分けて、たくさんの味を楽しんだ。
その方曰く、日本でもアジアでも、取り分けてたくさんのものを味わうのは楽しいものだ。
これがヨーロッパに帰るとそうはいかない、と。

いわゆる洋食では一人ひとりが食べたいものを注文するのがマナーで、
お皿の交換など下品中の下品とされている。

私がかつて訪れたアジアの国々では取り分けが当たり前だった。
皆でつつく大皿料理は楽しいに決まっている。

レンコンと鶏肉の煮っ転がし、カミさんの絶品料理
白菜の漬物
とてもおいしいポン酢

nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

師走 the end of the year [朝・夕・空 Twilight and Sky]

PC090221_sp-s.jpg


1年間という日が毎年毎年短く感じられる。

誰かが言っていた。

10歳の子供にしてみれば、1年は自分の生きていた時間の10分の1。
20歳になれば、1年は自分の生きていた時間の20分の1。
40歳になれば、1年は自分の生きていた時間の30分の1。
50歳になれば、1年は自分の生きていた時間の50分の1。
100歳になれば、1年は自分の生きていた時間の100分の1。
どう考えたって、年をとればとるほど短かくなっていくわけだ。

ちょうど1年前にこの写真を撮っていた。
つい先日撮ったような気がしてならない。

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

楽しいひと時 Happy Memory [表情・顔・生活 Dairy Life]

PB022536_sp-s.jpg

何をしても、楽しいっていうときがある。 

世の中、いつもそういうとき、そう感じる人たちで

満たされていたいものである。

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感