So-net無料ブログ作成
検索選択

有為と無為 [花 Flowers]

P5180375_1-s.jpg

このところ花の写真ばかり撮っている
本当はもっと人の生活に密着した世界や
表情を撮りたいと思っているのだが
今の環境ではなかなかそうもいかない

今日、有為(うい)と無為(むい)という話を聞いた
お寺のお坊さんが出家するということを説明したものだ
有為は迷いの世界であり、無為は平安の世界という
ちょっと難しい話で私には説明できないけれども
とても清々しい感じになった

胡蝶蘭、そのあまりにも優雅な姿、
これまで撮ってきた花の写真と一緒に並べてみたときに
なぜか有為と無為という言葉と重なっていた

我ら俗人は、きれいだなあといって、自然の造形美に酔いしれて心安らぐ
でも花にしてみれば、花だって生き物、虫たちを惹きつけようと、
また人にきれいだといってもらうべく、必死に生きているはず

ものごとには多くの視点があるのをますます確信するのである

前回のブログには過去最高の32ものNiceを皆さんに付けていただいた
ありがとう

そんな矢先であるが、ブログの更新はしばらくお休みすることにした
でも止めるつもりはないので、またそのうち再開します

今年は家族がいろいろなことに大きく挑戦する
そんなわけで、親父もうかうかしていられない
しばらくブログ更新は休んで家族の挑戦を応援し、
また自分にとってのネタ探しの期間でもあるわけです

再開したら、また皆さんのところへ訪問します
nice!(25)  コメント(10) 

紅白 [視点 Viewpoint]

P5040322-s.jpg
P5040330-s.jpg

例によって言葉の意味が知りたくなった

こうはく【紅白】

1 紅色と白色。赤と白。

2 (源氏は白旗を、平氏は紅旗を用いたところから)源氏と平氏。
  源平。また、試合などで二組に分かれるときの紅組と白組。

3 水引(みずひき)の半白半紅のもの。

4 紅白の餅あるいは菓子。

こうはく‐じあい【紅白試合・紅白仕合】
  紅白の二組に分かれて行なう試合。源平試合。

こうはくばい‐ず【紅白梅図】
  紅梅、白梅二種を描いた絵。
  特に尾形光琳筆の二曲屏風一双は国宝。

こうはくふよう‐ず【紅白芙蓉図】
  紅白の芙蓉を描いた絵。特に中国宋代の李迪(りてき)筆の二幅は
  院体花鳥画の代表作で日本の国宝となっている。

国語大辞典(新装版)小学館

なるほどね

紅白だけで源平合戦まで遡れる日本の文化の奥の深さ
日本人に生まれてよかった
nice!(37)  コメント(19) 

どうだんつつじ [花 Flowers]

P4294401_2-s.jpg

ドウダンツツジが
今、満開になっている
花自体は小さいけれども
一面に広がる花たちは
風に揺れながら
大合唱を繰り広げていたのである
nice!(22)  コメント(9)